働く時の注意点を知っておこう

掛け持ちで風俗の仕事をする場合の注意点

いろんな仕事に挑戦してみよう

風俗で働く際は、そのお店のルールを確認しなければいけません。 掛け持ちが禁止されているお店もあるので、注意してください。 最初から風俗と他の仕事を掛け持ちしたいと考えている場合は、許されているお店を探す必要があります。 事前に、自分がどのように働きたいか考えておきましょう。

生活リズムが乱れないよう注意

風俗と他の仕事を掛け持ちにすると、生活リズムが乱れやすくなるので気を付けてください。 生活リズムが乱れた生活を毎日送っていると、病気になるリスクが高まります。 休憩をこまめに挟みながら働くと、ずっと元気に働けるでしょう。 生活リズムを考えて、シフトを組んでもらってください。

掛け持ちができるか調べよう

掛け持ちで他の仕事もしたいと考えているなら、まず掛け持ちが許されているのか確認してください。
ほとんどの風俗店は、他の仕事をしても良いという決まりになっています。
ですが中には、掛け持ちが許されていないお店もあるので、確認を怠らないでください。
禁止されているのに、お店に内緒で掛け持ちで働くことは絶対にしてはいけません。
内緒にしていても、いずれお店に知られてしまいます。
すると自分の信頼性が低下するので、クビになってしまうかもしれません。

また昼間の仕事と、風俗を掛け持ちしたいと考えている人もいます。
その場合は、生活リズムに気を付けてください。
昼間も深夜も働くことになると、身体に疲れが溜まりやすくなります。
疲れているのに無理をして働くと、病気になってしまうかもしれません。
シフトを調整して、身体を休める時間を必ず確保してください。
時間に融通の利くお店を見つけて働くことも、身体を壊さないために必要な条件です。

また昼間の仕事を始める時は、風俗で働いていたことは極力言わない方が良いかもしれません。
もちろん嘘をつくことはダメですが、正直にソープやデリヘルで働いていると言っても、良い印象にはならないケースが多いです。
フリーターとして働いていると伝えれば、それ以上詮索されないので大丈夫です。
風俗で働くことを、快く思っていない人もいると覚えておきましょう。
余計なことは言わないで、昼間の仕事を頑張ってください。

昼間の仕事をする時の注意点

夜に風俗で働いていることは、あまり言わない方が良いです。 風俗で働くことを良く思っていない人が見られるので、自分の印象が低下する可能性があります。 面接官が風俗を良く思っていなかった場合は、採用してもらえないかもしれません。 何をしているのか聞かれたら、フリーターと答えると良いでしょう。

TOPへ戻る