働く時の注意点を知っておこう

>

昼間の仕事をする時の注意点

何と伝えれば良いのか

風俗で働いていることを、相手に言いたくない人が多いでしょう。
正直に言っても、良い印象になる可能性は低いです。
風俗で働いているとは言わないで、フリーターとして働いていると言えば大丈夫です。
嘘ではないので、自分の印象が下がる心配はありません。
何をしているのか聞かれた時に、嘘をついてごまかすことは絶対にしないでください。

嘘は、後で絶対に気付かれます。
面接をする時は、言葉をよく選んで答えてください。
返答に時間が掛かると、面接官は不審に思います。
前もって何を聞かれても良いように、答えを用意しておきましょう。
スラスラと答えることができると、印象が良くなります。
採用される可能性が高くなるので、面接の練習をしましょう。

気付かれないようにする努力

昼間に働く時と、風俗で働く時とでは髪形やメイクを変えてください。
すると気付かれにくくなります。
どちらも同じようなメイクや髪形で仕事に取り組んでいると、簡単に気付かれてしまいます。
昼間の仕事の同僚が、夜に風俗のお店へやって来るかもしれません。
その時に気付かれると、気まずい関係になってしまいます。

風俗で働く時は、派手なメイクや髪形が良いでしょう。
その方が綺麗に見えるので、お客さんを集めやすくなります。
逆に昼間の仕事をする際は、ナチュラルを意識したメイクや髪形にしてください。
昼間の仕事で派手なメイクや髪形は、好まれないので控えましょう。
仕事によってふさわしいメイクや髪形があるので、詳しく調べてください。


TOPへ戻る